飲食店の現金管理は進化しました。

こんにちはシェフ爺です

近年、スーパーやコンビニ、で自動レジが増えてきました。

店員さんがお客様から預かったお金を投入するとおつりを計算してジャラジャラ出てくるあれです。

おつりを待っている時の店員さんがチョッピリ手持ち無沙汰に見えてしまいますが・・・

便利な世の中になりましたな。

今回はレジとお金の話になります
お客様がお帰りになる前の最後で一番重要な仕事ですね。
お金を頂くために商売をしているのですから当たり前ですが

お会計とお金はデリケートな問題が発生しやすい部分でもあります。

もしも金銭トラブルで悩んでいるのでしたらこの記事がお役に立てるかも知れません。

 

 

現金管理の基礎

お店では、つり銭用の現金を用意し、レジに入れていると思います。

まずは飲食店の現金管理の基本です。

 

・つり銭金額の設定

 客単価に左右されますが、多くの飲食店では10万円を目安に用意します。レジにしまう前に、必ず金額を数える習慣にしてください。

・レジ金の点検

 ランチタイム終了時、営業終了時の二度行い伝票金額とレジ内現金を照らし合わせ、過不足を記録して下さい。

・売上金は金庫がある場合を除き店舗に置かず、夜間金庫などを利用し即日入金するのが原則です。

 

現金管理チェックシート
現金管理チェックシート
売上日報
売上日報

この様な記録表を活用して、記録&保管します

 

 

 

 

 

 

・つり銭用現金

責任者が管理する事を徹底して下さい。金庫がある場合を除き、店舗に現金は置かないで下さい。

・万が一、店舗に侵入者があった時、レジを破壊されないよう、空になったレジはドロアーを開けて見えるようにしておく方が安全です。

・小売販売業では商品の盗難を防ぐ為に、レジにわざと小額の現金を入れておくお店もあるようですが、飲食店ではその必要は無いでしょう。

・500円以上の過不足が発生した時は、事故とみなし原因究明をします、500円未満の場合は殆どがミスによるものです。

500円以上の不足が続く場合には、内々に勤務シフトと不足金、発生日時を照らし合わせて見る事も必要です。

 

現金の紛失は労使共にメリットは何もありません、日頃から管理者は現金の取り扱いに十分注意しましょう。

おつりを渡す前に、預かり金の1000円をレジに入れてしまい、後からお客様に5000円出したと言われる、トラブルも良くあることです、金銭トラブルはお店の信用低下になります、特におつりを多く渡したお客様は気まずさがあるので二度と来店してくれないと言うのが業界の常識です。