日本一やさしい飲食店の儲かる計数管理をご覧いただき誠にありがとうございます。

商売はジャンルに関わらず 収入(売上)-支出(経費)=儲け(利益)

の図式で成り立っています。

ただし小売業との大きな違いが一つあります。飲食業には製造が伴うところです。

この点が飲食業の最大の特徴であり、魅力や管理・技術など小売業にはない様々な要素を生み出しています。

製造現場(厨房)で大切なのが商品原価や原価率です。

しかし言葉は知っていても算出方法や利用方法、その意義となると難しくて挫折してしまうことが多いのではないでしょうか。

このカテゴリーでは図表を多く使い、原価をはじめ飲食店に必要な計数をわかりやすく説明しています

 

5つの章で出来ていますので1から順番に読むことをおすすめします。

関連記事

ここでは飲食店における原価計算の基本のやり方を説明します正確な原価率を導くのに大切な事ですので是非マスターしてください原価率とは売価に占める材料費の割合を%で表したものです。原価とは料理の材料費です。一般的に[…]

関連記事

仕入れの見直しで原価を下げる多くの飲食店では、食材を専門の業者さんから仕入れていると思います。肉、鮮魚、冷凍品、乾物、お米、お酒、乳製品、野菜、タマゴ、コーヒーなどそれぞれ1~2社から仕入れていると思いますが1年[…]

関連記事

F/L比って何ですか?F/L比とは飲食店経営の2大支出の食材費Food cost(フードコスト)労働費Labor cost(レイバーコスト)の頭文字をとったものです。フードコスト30% 人件費25% F/L55%のように使い[…]

関連記事

売上とは?客数×客単価です売上=客数×客単価なのです薄利多売の店、(客単価の低い店)は客数を求めます。客単価の高い店は立地に恵まれない限り広い商圏を求めます。成功のためには・ターゲットの客層・立地[…]

関連記事

無料ダウンロード 飲食店の計数管理をここまでご覧いただきありがとうございますささやかですが、Excel用テンプレートを作りましたので下記からダウンロードしてご利用下さい。パソコン専用になっていますのでタ[…]